レシピ / Recipe

うなぎと茄子のアグロドルチェ

土用丑の日は7/21(火)!うなぎを食べて、元気いっぱい夏を乗り切りましょう!

うなぎと茄子のアグロドルチェ

7月といえば、やっぱり土用の丑の日!今年は土用丑の日が7/21(火)と8/2(日)の2回訪れる年なんです!そして丑の日にはやっぱり食べたくなるうなぎ。そのまま丸ごと鰻重として食べるのももちろん美味しいのですが、今年はいつもと違うイタリアンアレンジで召し上がってみてはいかがでしょうか?

「アグロドルチェ」とは、イタリア語で「甘酸っぱい」という意味です。今回はバルサミコ酢を使ってソテーした茄子と合わせて、しっかりしたコクも楽しめる前菜レシピ。赤ワインのお供にもぴったり!酸味とミントで爽やかさもあり、暑い日の夕暮れ時のハッピーアワーにちょうどいいひと皿です。

ビタミンAやビタミンB群を含み、疲労回復や食欲増進に効果的だと、昔から夏バテ回復に食べられてきたうなぎ。そのパワーを取り入れて、今年の夏も元気に乗り切りましょう!

材料・分量

分量は4人分です(232kcal = 1人分)
材料 分量
うなぎの蒲焼き 180g
茄子(中) 2本
赤玉ねぎ(アーリーレッド) 1/3個
オリーブオイル 大さじ2
バルサミコ酢 大さじ2
はちみつ 大さじ2
少々
ミント 適宜
ピンクペッパー 少々

作り方

  1. 茄子は頭を切り落として乱切りに、赤玉ねぎは細めのくし切りにする。
  2. フライパンにオリーブオイル入れて、中火にかけ、茄子と赤玉ねぎを入れ、塩少々ふって、炒める。
  3. 茄子がやわらかくなってきたら、バルサミコ酢とはちみつを加えて、水分がなくなるまで炒める。
  4. うなぎの蒲焼きをざっと洗って、ペパー等でよく水気を取り、パッケージの表示通りにレンジであたためる。
  5. 皿に茄子と赤玉ねぎを盛り、1.5cm幅で削ぎ切りにしたうなぎ、ミント、ピンクペッパーを散らしてできあがり。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記